米国株式市場を海外ETFで丸ごと購入する!

数ある米国株の銘柄に幅広く効率よく分散投資するには、海外ETFを利用するのがおすすめです。
ニューヨークダウやS&P500といった米国株式の指数そのものに投資することが可能です。
これらの指数に値動きが連動するように銘柄が構成されています。
海外ETFの中にはエネルギーセクターや生活必需品セクター、ヘルスケアーセクター、金融セクターなどセクター別の指数連動ETFもあります。

ETFとは、Exchange-Traded Fundの頭文字を取ったもので、日本語では「上場投資信託」と訳されます。
簡単に言うと、「株のように株式市場で売買される投資信託」という金融商品です。
海外ETFとは、海外の証券取引所に上場されているETFのことで、海外ETFは、日本の証券会社を通じて購入が可能です。
また、海外ETFは、上場している市場の取引時間内であれば、リアルタイムでファンドの売買ができます。

ETFを使うメリットは
銘柄を幅広く分散することができる
一般的なファンドに比べ長期的なコストを安く抑えられることができる
証券取引所に上場され、市場が開いている時間はいつでも取引ができる
取引所に上場されていることから、現時点での市場価格を常に把握できる
ETFに含まれる構成銘柄が毎日更新・公開されていることから、最新の情報が把握できる
などがあります。


米国株式に投資できる海外ETF

Vanguard S&P 500 ETF
バンガード・S&P500ETF(VOO)
米国の主要業種を代表する大企業の500銘柄で構成されるS&P500インデックスに連動した動きを目指します 。

Vanguard Total Stock Market ETF
バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)
MSCI USブロードマーケット・インデックスはMSCI USインベスタブル・マーケット2500とMSCI USマイクロキャップ・インデックスを組み合わせたインデックスです。
大型、中型、 小型および超小型銘柄を含む米国株式市場の時価総額の99.5%以上をカバーします。

SPDR Dow Jones Industrial Average ETF
スパイダー・ダウ・ジョーンズ・インダストリアル・アベレージ・イーティーエフ・トラスト(DIA)
ダウ工業株価平均への連動を目指します。
ダウ・ジョーンズ工業を構成する約30種銘柄が投資対象になります。

iShares Dow Jones Select Dividend Index
iシェアーズR ダウ・ジョーンズ好配当株式インデックス・ファンド(DVY)
ダウ・ジョーンズ US セレクト・ディビデンド・インデックスへの連動を目指します。
配当伸び率、配当性向、1日平均取引金額、配当利回りに基づいて選定されます。

iShares S&P US Pref Stock Idx Fnd ETF
iシェアーズ S&P米国優先株式インデックス・ファンド(PFF)
S&P米国優先株式インデックスへの連動を目指し、米国市場に上場する企業が発行する優先株に投資します。

SPDR Dow Jones REIT ETF
SPDR ダウ・ジョーンズ REIT ETF(RWR)
ダウ・ジョーンズU.S.セレクトREIT指数の価格と利回りに、経費控除前で、連動する投資成果を上げることを目標とします。
売買回転率の抑制、トラッキングエラーの最小化、コストの低減を追求する運用手法をとります。


上記の米国株式の海外ETFは楽天証券で購入することが可能です。

posted by us2030 at 22:10 | 米国株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。