アボット・ラボラトリーズ(Abbott Laboratories)

アボット・ラボラトリーズ AbbottLaboratories

ティッカー:ABT

アボット・ラボラトリーズ(Abbott Laboratories)はヘルスケア製品の発見、開発、製造及び販売に従事する企業である。

同社は診断薬、医療機器、栄養剤、ジェネリック医薬品の4つの事業区分により構成される。

地理的には、同社収益の30%は米国において生じ、30%は西欧、カナダ、日本とオーストラリアにおいて生じ、40%はインド、中国、ロシア及びブラジルが含まれる新興国において生じる。

平成25年1月、同社は研究ベースの医薬品事業の分離を完了した。

その事業は独立したバイオ医薬品会社であるAbbVieとなった。


創業は1888年。社名は創業者のウォレス・C・アボット(Wallace C. Abbott)から名づけられている。

7万2000人の社員が130を超える国々で活動している。

本社はアメリカ・イリノイ州ノースシカゴの近くにあるアボットパークにある。

1985年、初のHIV血液検査薬を開発した。代表的製品(医療用医薬品)としてマクロライド系抗生物質「バイアキシン」、関節リウマチ、乾癬性関節炎、強直性脊椎炎、クローン病、中等度から重度の慢性乾癬と若年性特発性関節炎に有効な「ヒュミラ」、HIV治療薬の「カレトラ」、抗てんかん薬の「デパコート」、合成甲状腺ホルモンの「シンスロイド」、吸入麻酔薬の「アルタン」などを販売。

2013年、研究開発型医療用医薬品事業(新薬事業)をアッヴィに分離し、ヒュミラ、カレトラ等をアッヴィに承継した。これにより、アボットの医薬品ポートフォリオはエスタブリッシュ製品(長期収載品やブランド後発品)が中心となった。

アボットはこれらエスタブリッシュ医薬品をはじめ、「エンシュア」や「EAS」のような栄養食品、診断薬、免疫学的測定装置、眼科領域(AMO)など、広範囲にわたる医療製品を提供しており、多角化したヘルスケア企業となっている。




=======================================================
米国株 アメリカ株
=======================================================
posted by us2030 at 00:00 | 米国株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。