アストラゼネカ(AstraZeneca PLC)

ティッカー:AZN

アストラゼネカ(AstraZeneca PLC)は、集中・統合されたイノベーション志向のグローバル製薬企業であり、バイオ医薬品を含む医療用医薬品事業を基盤としている。

イギリスのロンドンに本社を置く。

1999年にイギリスの大手化学会社ICIから医薬品部門が分離したゼネカと、スウェーデンに本拠を置き北欧最大の医薬品メーカーであったアストラが合併して誕生した。

癌治療、ぜんそく治療、麻酔薬など数多くの領域で高いシェアを誇り、その製品は世界100ヶ国以上で販売されている。

抗がん剤であり、上皮細胞成長因子阻害薬の「イレッサ」(一般名:ゲフィチニブ)の承認を世界に先駆けて日本で獲得したが、副作用などが問題となった。

第4回ゲフィチニブ検討会にて、ガイドラインの周知を図ることでイレッサを使い続けることを決定した。

アストラゼネカは心臓血管、胃腸、感染症、神経科学、腫瘍学及び呼吸・炎症の6つ健康分野向けに処方薬の発見・開発及び商業科を行う。

同社は抗生剤などの病気治療薬、酸関連疾患治療用の「Merrem/Meronem」及び「Losec/Prilosec」を含む各種薬剤を提供する。

同社商品には「Crestor」、「Atacand」、「Seloken/Toprol-XL」、「Plendil」、「Onglyza」、「Zestril」、「Symbicort」及び「Zoladex」等がある。

同社は世界中で複数の研究開発(R&D)施設、生産販売施設を保有・運営する。

同社は中国、メキシコ、ブラジル及びロシア等100以上の国で事業を展開している。

平成23年8月31日、同社はDENTSPLY International IncへのAstra Tech事業の売却を完了した。




=======================================================
米国株 アメリカ株
=======================================================
posted by us2030 at 00:00 | 米国株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。