ジョンソン・エンド・ジョンソン(Johnson & Johnson)

ティッカー:JNJ

ジョンソン・エンド・ジョンソン(Johnson & Johnson)は持株会社であり、子会社と共に、健康製品の研究・開発・製造・販売に従事する。

ジョンソン・エンド・ジョンソンは消費者、医薬品及び医療機器・診断機器の3事業区分を通して運営する。

バンドエイドから先端医療機器まで扱う巨大企業で、着実な成長を続ける。

馴染み深いブランドは、バンドエイド、リステリン、ベビーパウダー、ワンデイアキュビュー、タイレノールなど。

長い期間に渡り、増配を続けており、毎年配当金収入が増えることが期待できる。

株価は2000年代後半から横ばいになっているが、配当額は非常に順調に毎年増え続けている。

世界の製薬市場は現在8500億ドルから2015年には1兆ドルに達する見通しで、その成長の原動力は新興国の成長にあるが、世界的に事業を展開しているジョンソン・エンド・ジョンソンはその成長を取り込み、今後も緩やかに成長していく余地がある。

250社以上のグループ企業が存在しているので、業績の安定性が高く、収益がブレにくい事業構造になっている。

平成24年1月期決算期において、同社の子会社は約2180万平方フィートの床面積を有する139カ所の製造施設を運営していた。
そのうち、米国では、8カ所の施設は消費者事業、10カ所は医薬品事業、34カ所は医療機器・診断機器事業によってそれぞれ使用される。




=======================================================
米国株 アメリカ株
=======================================================
posted by us2030 at 00:00 | 米国株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。